斬新なシルエット似顔絵 今日の一枚 #21

本日の一枚は、あえて影絵にした斬新な役者絵シリーズから。

『真写月花の姿絵』より(落合芳幾 画)
『真写月花の姿絵』より(落合芳幾 画)
こちらは役者絵なのですが、メインで描かれているのはなんと影。
『真写月花の姿絵』というシリーズもので、当時の人気役者の横顔シルエット36点からなります。

ものすごく斬新ですよね。でも刺さる人にはめちゃくちゃ刺さりそう。

どうやら当時、障子に人の影を映しそれを絵にすることが風流な遊びとして人気があったそう。

余談ですが、作者の落合芳幾は”奇想の絵師”歌川国芳の弟子であり、”最後の浮世絵師”月岡芳年とは兄弟弟子にしてライバルでもありました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事を友達にシェアしよう!

投稿日: カテゴリ:カテゴリー 今日の浮世絵&写真

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事