江戸時代の子どもの日(端午の節句)を紹介!

江戸時代の鯉のぼりは黒一色! 数百年前の子どもの日がいろいろと興味深い

カテゴリ> イベント, , 江戸時代の季節, 現代に繋がる,

色とりどりの鯉が大空を泳ぎ、ちまきや柏餅を食べながら子どもの健やかな成長を願う。そう、5月5日は「こどもの日」。現代でもなじみ深い「こどもの日」ですが、その由来や歴史は意外と知らないもの。ということで、江戸時代の「こどもの日」へご案内!


巨大な鯉のぼりが空を泳ぎ、屋敷のなかには武具飾りや武者人形が飾られています(『江戸砂子年中行事 端午の図』揚州周延 画) 

「端午の節句」ってどういう意味?


屋根よ〜り〜高い鯉のぼり〜♪ という童謡『こいのぼり』でもおなじみ、毎年5月5日は「こどもの日」です。3月3日の「ひな祭り」が女の子のお祭りなら、5月5日の「こどもの日」は男の子が主役。

ちなみに、「こどもの日」が国民の休日となったのは戦後の1948年(昭和23年)のこと。今では「こどもの日」という呼び名が一般的になっていますが、正式名称は「端午(たんご)の節句」といいます。

江戸時代にも「こどもの日」こと「端午の節句」は幕府により重要な日(式日)と決められていました。「端午の節句」のほか4つの節句があり、合わせて「五節句」といいます。

  • 1月7日「人日(じんじつ)の節句」
  • 3月3日「上巳(じょうし/じょうみ)の節句」←いわゆる「ひな祭り
  • 5月5日「端午の節句」 ←これが「こどもの日」
  • 7月7日「七夕の節句
  • 9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」


現代、わりとスルーされがちな七夕も江戸時代には幕府認定の重要な祝い日だったんですね(『雅遊五節句之内七夕』歌川国芳 画)
ここで、ちょっとウンチク。

「端午の節句」の「端」とは「はじめ」を意味し、「端午」とは「月のはじめの午(うま)の日」のことです。つまり、「端午」とは本来5月に限ったはなしじゃなかったんです。これがいつの頃からか、「午(ご)」と「五」の音が同じこと、奇数が重なるのはオメデタイということなどが合わさって5月5日=端午の節句となったんだとか。

なお、江戸時代にも端午の節句は5月5日に行われていたんですが、もちろん旧暦の5月5日。なので、現代の新暦カレンダーにすると5月下旬から6月上旬あたりになります。

2017年の場合だと、旧暦5月5日は新暦5月30日になります。江戸時代のこどもの日は初夏のイベントでした。


女性たちは晴れ着に身を包み、子どもたちは戦いごっこに汗を流す。遠くには屋根より高い鯉のぼりが大空を泳いでいます。ちなみにこちらの作品は“画鬼”河鍋暁斎の娘、河鍋暁翠(きょうすい)のもの(『五節句之内 皐月』)

スポンサーリンク


厄払いイベントから男の子のイベントへ


「端午の節句」というとイコール「男の子の成長を願うイベント」というイメージがありますが、もともとは男の子無関係の行事でした。

古代中国では「五月は1年で一番悪い月」と考えられていたそうで、特に念入りに厄払いが行われていたんだそう。そこで、その香りから邪気を払う神聖なパワーを持つという蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)などを門に飾ったりしました。

この風習が奈良時代に日本にも伝来し、平安貴族たちも軒先に菖蒲や蓬を刺したり、菖蒲の葉でつくった薬玉(くすだま)を贈りあってそれを吊るし邪気を払いました。また、野山に出かけて薬草摘みをしたんだとか。

かの清少納言も『枕草子』のなかで「節は五月にしく月はなし。菖蒲、蓬などのかをりあひたる、いみじうをかし」と書いています。超訳すると「端午の節句はキング・オブ・節句。菖蒲や蓬などの香りが漂って、ほんとトキメクわぁ♥」って感じ?


文をしたためる女性が見上げているのが菖蒲の葉でつくった薬玉。今ではほとんど見かけないですね(『十二ケ月の内 五月 くす玉』渓斎英泉 画)
さて、雅やかな貴族の時代から、血気盛んな武士の時代へ変わると「端午の節句」のありかたは激変します。

厄払いアイテムとして使われていた菖蒲が「尚武(武を尊ぶという意)」「勝負」に通じる、そのシュッとした見た目が刀に似ているなどから、「端午の節句」が「尚武の節句」として武家で盛んに行われるようになったのです。さらにそこから、男の子の成長や出世を願う日へと変わっていきました。

ここでちょっと余談。

「端午の節句」で重要な菖蒲ですが、イメージはこんな植物なはず。



紫がかったブルーの花が美しい。たしかに「こどもの日」が近づくとよく見かけます。しかし!これは菖蒲ではなく花菖蒲(はなしょうぶ)というアヤメ科の植物。菖蒲は菖蒲でも菖蒲ちがいです。

一方、「端午の節句」で使われる菖蒲の花はこんな感じ。


文をしたためる女性が見上げているのが菖蒲の葉でつくった薬玉。今ではほとんど見かけないですね(『十二ケ月の内 五月 くす玉』渓斎英泉 画)
うーむ、地味。

ちなみに、菖蒲はサトイモ科の植物で、シュッと細長い葉や根からはとてもいい香りの精油(エッセンシャルオイル)が抽出されます。この香りが邪気を払う、と古来いわれてきたのですね。

「こどもの日」のイメージとして見栄えもいいので花菖蒲が使われていることもよくありますが、菖蒲は菖蒲でも正しくは地味な花の方の菖蒲なので注意しましょう!


端午の節句に欠かせない鯉のぼりは江戸生まれ


さて、「こどもの日」こと「端午の節句」のマストアイテムといえば鯉のぼりでしょう。最近ではマンションのベランダ用の小型サイズなどもありますよね。

江戸時代の浮世絵を見ると当時にも鯉のぼりがあったことがわかります。こちらの絵などはその代表です。


『名所江戸百景 水道橋駿河台』歌川広重 画 
屋根よりはるかに高い立派な鯉のぼりが悠然と空を泳いでいます。高層ビルなどなかった江戸時代、空を泳ぐ鯉のぼりは壮観だったことでしょうね。

ところが、こうした風景が見られるようになったのは江戸時代も中期を過ぎてから。さらに鯉のぼりを飾るのは江戸だけの風習だったんだとか。

当初、「端午の節句」の飾りの主役といえば鯉のぼりではありませんでした。

主役は、幟(のぼり)。旗のようなものです。


画像左に見えるのが幟。描かれている真っ赤な人物は「鍾馗(読み:しょうき)様」という神様で、魔除け・疱瘡除けのパワーを持つとされました(勝川春章 画)
今でも神社などでこういうの見かけますよね。これが「幟」です。

「端午の節句」を「尚武の節句」として盛大に祝った武家では、尚武高揚のため5月5日に家紋を染め抜いた幟や馬印などを門戸に飾り立てました。

スポンサーリンク


ちなみに、なぜ幟を立てるのかについては江戸時代後期の風俗百科事典『守貞謾稿(もりさだまんこう)』ではこう書かれています。

曰く「元寇の乱の時に鎌倉幕府の北条家が天下万民に幟を立てさせたところ敵を追い払うことができた。そのめでたい出来事にあやかって幟を立てるようになった」(意訳)ということらしい。でも『守貞謾稿』の著者は「この由来が正しいかはわからん」と書いています。

ともあれ、江戸時代を半ばを過ぎるとこうした風習は武家から庶民にも広まり、庶民も盛大に「端午の節句」を祝うようになっていきます

武家では家紋や勇壮な武者絵を描いた幟を盛大に立てましたが、武家の風習をそのまま庶民がマネすることははばかられました。でも、庶民だってなんか飾って盛大に「端午の節句」をお祝いしたい!

そこで誕生したのが鯉のぼりなのです…!!(諸説あります)。


画像右端の男の子が小さな鯉のぼりを手にしています。画像左には金太郎などを描いた幟も(『子宝五節句遊 端午』鳥居清長 画)
「というか、そもそもなんでコイ?」と疑問に思う方も多いでしょうから、まずそこから。

中国の伝説によれば、黄河の激流を登りきった鯉は竜になるんだそう。つまり、「鯉さん、大出世する説」。で、そこから「鯉は立身出世のシンボル」という考えが生まれ、これが日本にも伝わりました。この伝説は「登竜門」という言葉の由来にもなっています。

男の子の成長と出世を願う「端午の節句」に「立身出世のシンボル」である鯉はまさにベストマッチ。ということで、江戸っ子たちはそんなオメデタイ鯉にあやかろうと鯉の形をした飾りを「端午の節句」に飾るようになったわけです。

最初はミニ鯉のぼりだったようですが、次第に巨大化し、やがて屋根より高くなっていったようです。さらに武家でも庶民をマネして鯉のぼりを飾るようになり、その後、江戸近郊だけの風習だった鯉のぼりは全国各地へと広まっていったのです。

ちなみに、現代と江戸時代の鯉のぼりでわかりやすく違うところがあります。

それは色づかい。



江戸時代の鯉のぼりは、黒一色

先に紹介した広重の浮世絵の鯉のぼりしかり、これからご紹介する数々の浮世絵の中に描かれた鯉のぼりしかり。

言われてみれば、現代のカラフルな鯉のぼりとはだいぶ印象が違います。

この理由は、カラフルな錦鯉は江戸時代にはまだ一般に知られておらず、江戸時代の鯉といえば黒い真鯉だったからなんですね。

以前、春画特集で紹介した性交する男女が入っている鯉のぼりもやはり黒。


奥で「おいおい…」と頭を抱えているのは鍾馗さまですね。『はなごよみ』より(河鍋暁斎 画)
時代が変わり、明治から大正時代に撮影された古写真を見ると、後からの彩色ではありますがカラフルな鯉のぼりも。


明治から大正時代に撮影されたと思われる写真。町中に立てられた鯉のぼりが大空を泳いでいます。画像引用元:長崎大学附属図書館


室内飾りは武者人形にカブト飾り


家の外に幟や鯉のぼりを立てる一方、室内にもさまざまな飾りを施しました。

武家では先祖伝来の鎧や兜(カブト)などの武具を座敷に飾りました(虫干しも兼ねていたとか)が、庶民は武者人形や紙でつくった兜などを飾りました。


節句飾りを出す女性。金太郎は今も昔も五月人形の定番。足元には鍾馗(しょうき)様を描いた幟や鯉のぼりも(三代歌川豊国 画)


画像中央上に兜飾りが見えます。ちょっと生首みたいでコワイ……。あくまで飾りなので実用性はゼロ(『童子遊興之図』部分)
また、江戸時代にはあって今では見かけない「端午の節句」の飾りに「菖蒲刀(読み:しょうぶかたな/あやめかたな)」と呼ばれるものがありました。

それがこれ。



『意勢固世見見立十二直 建 皐月初幟 暦中段つくし』歌川国貞 画
女性の背後、刀掛けに置かれているのが「菖蒲刀」です。

これは金や銀の紙を貼った木刀で、代表的な節句飾りでした。男の子が生まれると親戚などから贈られたそうです。この菖蒲刀を手に戦いごっこをする子どもたちも浮世絵によく登場します。

また、室内にミニ幟なども飾りました。

こうした節句飾りを売っていたのが江戸だと十軒店(じっけんだな)というエリア。ひな祭りの時には雛人形を売る「雛市」が立った場所です。江戸時代後期の年中行事辞典『東都歳事記』によれば4月26日から5月4日まで十軒店には市が立ち、兜人形や菖蒲刀、幟などを売ったそうです。


大勢の買い物客でにぎわう十軒店。菖蒲刀を持つ男の子や、兜飾りを持つ男性らが見えます(『東都歳事記』より「十軒店冑市」)

スポンサーリンク


戦いごっこで汗をかいたら菖蒲湯でサッパリ


現代っ子は「こどもの日」といっても特にこれをやる!というものはあんまりないかと思いますが、江戸時代の子どもたちには「端午の節句」だけの特別な遊びがありました。

それが「菖蒲打ち」という遊び。


『雅遊五節句之内 端午』歌川国芳
これは「菖蒲打ち」に興じる子どもたち。

どんな遊びかというと、菖蒲の葉を編んでなわ状にしたものを地面に打ちつけ、大きな音が出たほうが勝ち、もしくは先に菖蒲の葉が切れたら負け、というシンプルかつ燃えそうな勝負。

ほかにも菖蒲刀を使った戦いごっこもよくやっていたようです。

さらに江戸初期までは「印地(いんじ)打ち」と呼ばれる、そこらへんに落ちてる石をガチンコで投げ合う石合戦も「端午の節句」の遊びとして行われていました。が、石を投げ合うのはあまりにも危ない、という理由から禁止されました(当然です)。

さぁ、いい汗をかいたら湯屋でサッパリしましょう。

「端午の節句」の5月5日と翌6日の2日間は湯屋でも特別な湯が用意されていました。

そう、菖蒲の葉を浮かべた「菖蒲湯」です。

邪気を払うパワーを持つ神聖な菖蒲のエキスが染み出した湯に浸かって、無病息災を願ったのです。今でも5月5日になると「菖蒲湯」を立てる銭湯があります。


菖蒲湯に浸かる美女。軒に菖蒲と蓬が刺してあるのも見えます(『五節句ノ内皐月』部分 三代歌川豊国 画)
菖蒲湯を楽しむお客はこの日、湯銭のほか「おひねり」を置いていったそうです。

さてさて、最後は「端午の節句」に欠かせないあのスイーツのお話です。


上方ではちまき、江戸では柏餅


子どものころ歌った童謡『せいくらべ』。

「柱のキズはおととしの〜 五月五日のせいくらべ〜 ちまき食べ食べ兄さんが〜 測ってくれた背の丈〜♪」というアレ。

ここでも歌われているように「こどもの日」のスイーツ2トップの一角を担うのがこの「ちまき」。と、もう一角が「柏餅」です。


こちらは「こどもの日」になると食べたくなる柏餅
まず、「ちまき」について。

ちまきと柏餅、その歴史の長さを比べると圧倒的にちまきのほうが誕生は古く、古代中国にまでさかのぼります

以下、中国の伝説。

時は紀元前3世紀。楚(そ)の国に屈原(くつげん)という忠誠心アツい政治家で詩人の男がおりました。が、なんやかんやあって誹謗中傷にあい、川に身を投げるという非業の死を遂げます。で、その死を悼んだ人々が屈原の死体が魚に食べられないようにと笹の葉にご飯を包んだものを川に投げ入れたのです。

この笹の葉にご飯を包んだものがちまきのルーツとされています。しかも、その日が端午の節句だったことから端午の節句にちまきを食べるようになったんだとか。紀元前の話なので真偽のほどはよくわかりませんが……。

そんなちまきが平安時代に日本にも伝わり、都のあった京を中心にした関西地方で「端午の節句」にちまきを食べるようになりました


『守貞謾稿』に描かれたちまき。10個を1束として売っていたらしい
ちまきは中国から伝わってきたスイーツだったんですね!なんか意外。

スポンサーリンク


一方の柏餅。

こちらは江戸時代に江戸で生まれた純国産の節句スイーツです。

つくり方は現代とほぼ同じで、米粉を練ってつくった餅を二つ折りにし、その間にあんを挟み、柏の葉で包みました。

柏餅のあんには、小豆あんと味噌あんの2種類があったそう。どちらもおいしそう。しかも、柏の葉が表のものは小豆あん、葉が裏のものは味噌あんという目印のつけ方があったというからなんとも粋です。ちなみに、柏餅は各家庭で手作りすることが多かったみたいです。


『守貞謾稿』に描かれた柏餅。柏の葉が大きい場合は1枚で餅を包む感じ(図下)、小さい場合は2枚の葉で餅を挟む感じ(図上)に仕上げたそう
柏の葉を使うのにもちゃんと理由があります。

柏の葉は、新芽が育つまで古い葉が落ちないそうで、これが「家が代々続く」「子孫繁栄」をイメージさせることから「端午の節句」にピッタリ!となったんだそう。縁起担ぎですね。

『守貞謾稿』によれば、京や大坂など上方では男の子が誕生した初節句の時にちまきを親戚や知人らに配り、2年目からは柏餅を贈ったんだとか。江戸時代後期には柏餅は上方にも勢力を伸ばしていたようです。

現代でも「こどもの日」のスイーツといえば関西ではちまき、関東では柏餅という傾向がありますが、これは江戸時代の名残だったんですね。

さぁ、最後に江戸時代の「端午の節句」を凝縮したような絵をご紹介。



こちらは『東都歳事記』に描かれた端午の節句の日の江戸の町。

画像左には幟や吹き流しがなびき、画像右には兜飾りや武者人形が見えます。軒には菖蒲や蓬が刺してあります。また、通りでは菖蒲刀を手にした子どもたちが戦いごっこに興じ、ミニ鯉のぼりを売るおじさんに子どもが駆け寄っています。画像右下の武士の一団は、これから江戸城へ祝いの品を届けるところでしょうか。

あ、ドジっ子の小僧さんが柏餅らしきものを落としちゃったよう。

拡大してみましょう。





うわあ。

ただ、顔を見ると、この子ぜんぜん反省していなさそう。

見れば見るほど江戸時代の「端午の節句」のにぎやかさが伝わってくるようで楽しいですね。

「こどもの日」をはじめ年中行事として現代も行われていることの多くが江戸時代に庶民にも広まったというのが興味深いですね。

この記事を友達にシェアしよう!

カテゴリ> イベント, , 江戸時代の季節, 現代に繋がる,

もっと詳しく

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

ガイドシリーズ:日本の歴史をもっと身近に。

江戸ガイド