• 更新日:2017年5月5日
  • 公開日:2016年9月16日


人気銘柄も登場!なかには売れっ子遊女のプライベートブランドも!?


現在、タバコの銘柄にはマイルドセブンやキャスターなど様々な種類がありますが、江戸時代の刻みタバコにも産地によって銘柄があり、人気ブランドもありました。

たとえば江戸で人気があったのは、大隅(現・鹿児島県)の「国分(こくぶ)」、摂津(現・大阪府北中部と兵庫県南部)の「服部(はっとり)」、越後(現・新潟県)の「大鹿」、甲州(現・山梨県)の「生坂(いくさか)」などなど。

特に国分タバコは最高級品として人気を集め、産地を偽装したニセモノも出回ったとか。

利きタバコの様子(『国分煙草七種の評并讃』部分 春木南溟 画)
タバコの産地を当てる「利きタバコ」なんていう遊びもありました(『国分煙草七種の評并讃(こくぶタバコななしゅのひょうならびにさん)』部分 春木南溟 画)
産地によってタバコは味が異なるため、お土産やプレゼントとしても重宝されました。

そんなタバコの銘柄のなかには、売れっ子遊女が自分好みにブレンドしたプライベートブランドもあったそう。ある遊女が刻みタバコを包んだ紙に自分の名前を書いて馴染みの客に渡したそうなのですが、もらったお客はさぞかしうれしかったことでしょうね。さすが売れっ子遊女、やることが粋です。


煙管での喫煙スタイルは「かっこよさ」にこだわる


前述したように江戸時代の喫煙スタイルは「煙管に刻みタバコ」なわけですが、具体的にどのような手順でタバコを吸っていたのかご紹介。

1.刻みタバコを丸める

刻みタバコを適量手に取り、丸める(江戸時代のタバコの吸い方1)
画像引用元:JT
まずは刻みタバコを適量手に取り、丸めます。


2.火皿に詰める

火皿に丸めた刻みタバコを詰める(江戸時代のタバコの吸い方2)
画像引用元:MATCHA
煙管の先端にある火皿に丸めた刻みタバコを乗せる感じで詰めます。


3.着火

着火には炭のほか火打石も使いました(江戸時代のタバコの吸い方3)
江戸時代、着火には炭のほか火打石も使いました(『賢勇婦女鏡 大井子』歌川国芳 画)
火種に煙管の先端を近づけて刻みタバコに火をつけます。


4.ゆっくり喫う

ゆっくり喫う(江戸時代のタバコの吸い方4)
『春宵一刻煙草二抄』より
勢いよく吸い込んではいけません。イメージとしては熱い飲み物を飲むときのように、そっとすする感じでゆっくり喫うのがポイント。


5.灰を落とす

現在の紙巻きタバコのように数分間吸い続けるものではなく、3~4口でおしまい。タバコが灰になったら煙管を逆さまにして、灰吹き(今の灰皿)のふちにコーンと当てて灰を落とします。


と、まぁ、こんな感じです。

紙巻タバコより匂いも気にならず、タバコ本来の味が楽しめるそうです。

ちなみに、“粋”を大事にした江戸っ子たちは喫煙の際にも「いかに粋にタバコを喫うか」にこだわったそうで、ポーズの研究にも余念がなかったとか。

江戸ブログ 関連記事

江戸ブログ 最新記事

あわせて読みたい 戦国・幕末記事