吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!

  このエントリーをはてなブックマークに追加


人工的につくられた春限定の大イベント、吉原の夜桜


気軽には行けないけれどお花見の名所として有名だったのが、吉原です。

遊女と夜桜(『吉原仲之町』歌川広重 画)
遊女と夜桜ーーなんとも色っぽい組み合わせ(『吉原仲之町』歌川広重 画)
美しい遊女たちが待つ“不夜城”吉原は庶民にとって憧れの場所でしたが、なかでもお花見の季節は特別でした。
吉原のメイントリート「仲の町」に咲く満開の桜は夜になると雪洞(ぼんぼり)の灯りに照らされました。そこにしゃなりしゃなりと歩を進める花魁道中が通りかかるのですから、この世のものとは思われない妖艶さだったことでしょう。

そんな特別感しかない吉原の桜ですが、じつは植木職人の手によってつくり出された春限定の人工物だったのです。

毎年、旧暦の3月1日になると植木屋さんが吉原に開花前の根付きの桜の木を運び込み、メインストリートに植えました。茶屋からの眺めも考慮して高さ調整も行われたそう。なんという気配り!そして、桜が散ってしまう3月下旬までにすべての桜の木は再び植木職人によって引っこ抜かれました。う〜む、すごい。吉原のエンタメへのこだわりに執念を感じます。

江戸時代へタイムスリップしたらぜひ吉原の夜桜を見てみたいものです。


ファッション自慢にコスプレ、コント、恋の始まりも!?


現代人でもお花見へ行くとなったらワクワクしますが、娯楽が少ない江戸時代、お花見は現代人が感じる以上に大イベントでした。前日からいそいそと支度をし、雨が降らないようにテルテル坊主に願いをかけるーー。

特に女性たちの気合いの入れようはスゴかった。

睡眠時間を削って念入りに化粧をし、お花見用に特別に用意した「花見小袖(花衣とも)」と呼ばれる晴れ着に身を包みました。その着飾りっぷりは正月以上だったとも。

花見小袖に身を包む女性(『隅田堤花盛』渓斎英泉 画)
画像左の女性は貝殻がデザインされた個性的な着物。女性たちはセンスをフルに発揮して自慢のファッションでお花見にのぞみました(『隅田堤花盛』渓斎英泉 画)
しかもユニークなのがお花見会場に到着したあと。

お花見場所を確保すると女性たちは自慢の小袖を脱ぎ、袖にひもなどを通して木に吊るし幔幕の代わりにしたんだとか。艶っぽいですね、男性たちの視線が釘づけになったこと間違いなし。

脱いだ花見小袖を吊るして幕にする女性たち(『絵本艶庭訓』)
『絵本艶庭訓』に登場するお花見のようす。小袖を吊るして幕のようにしているのがよくわかります
美しく着飾った女性たちが集まるわけですから、お花見は男女の出会いの場にもなったようです。女性たちが気合いを入れるのもうなずけます。きっとお花見からはじまる恋もあったはず。

お花見をする美女たち(『風流花見姿絵』菊川英山 画)
桜の美しさも霞むばかりのうるわしき美女たち。一目惚れもあった?(『風流花見姿絵』菊川英山 画)
おそろいファッションでお花見を楽しむかわいらしいグループ客もいました。

お揃いの服装で花見を楽しむグループ(『江戸名所 飛鳥山花見乃図』歌川広重 画)
『江戸名所 飛鳥山花見乃図』歌川広重
おそろいの日傘が楽しいこちらのグループは寺子屋の師匠(先生のこと)と習い子(生徒のこと)たちらしい。
子どもたちが読み・書き・そろばんなどを学ぶ寺子屋では、師匠がたくさんの習い子を引率してお花見することもよくあったとか。小学校の遠足みたいですね。一説に寺子屋に習い子を呼び込むためのPR活動でもあったとも。

さて、お花見といえばちょっとハメを外してドンチャン騒ぎがつきもの。

現代だとカラオケしたり一発芸を披露したり、コスプレしたりする人たちもいますよね。江戸時代はどうだったかというと…まあだいたい同じ!

江戸時代の人々も三味線をつま弾きながら吟じたり、踊りやモノマネを披露したり、コスプレをする人もいたそう。たとえば男性が女装したり、女性が男装したり、歌舞伎のキャラクターになりきってみたり。やることは時代が変わってもあんまり変わらない。

三味線にあわせて踊る男性(『浪花名所図会 安井天神山花見』歌川広重 画)
女形(おやま)の所作でしょうか。扇子を手にした男性が、腰をくねらせながら三味線にあわせて踊っています(『浪花名所図会 安井天神山花見』歌川広重 画)
「茶番」という即興劇も花見の余興として人気だったそうで、なかなか凝った出し物を演じるグループもいたらしい。

ほかにも俳諧に興じるグループなんかもいました。インテリ層は古式ゆかしく詩歌を詠んだりしました。

花見で桜の木に短冊を結ぶ女性(『十二ケ月の内 三月 花見』渓斎英泉 画)
よつんばいになった男性の背を踏み台にした女性が、桜の木に句をしたためた短冊を結ぼうとしています。恋の句かな?(『十二ケ月の内 三月 花見』渓斎英泉 画)


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
ピアノのレッスンに英語教室、ダンスや塾と現代っ子は小さい頃からとっても大忙し。しかし、江戸時代にも現代っ子を上回るような超多忙な女の子たちがいたのです。
2017-01-17 12:18:22

あわせて読みたい 戦国・幕末記事

大河ドラマ『真田丸』のキャストと実際の肖像画を比べてみた
戦国関連の記事2016年大河の真田丸。人気脚本家・三谷幸喜が描く戦国時代。注目のキャストと現代に残る肖像画を並べてまとめています。
2015/01/10 17:04:00
【あさが来た】2015年 もっとも人気だった幕末人物は? 303人中ベスト10を発表【花燃ゆ】
幕末関連の記事2015年は朝ドラと大河ドラマがともに幕末を取り上げました。日本最大の幕末サイト『幕末ガイド』に登録された303名のうち、アクセス順にベスト10を紹介します。
2015/12/31 13:45:00
2015年 幕末の人気記事ランキング! 1位は納得のあの人物
幕末関連の記事2015年の幕末記事のなかで、もっとも人気を集めたのは?10位から1位までランキングで紹介します!
2015/12/20 19:52:00
【猫好き浮世絵師】天才・歌川国芳が描いたネコたちがおもしろ可愛い【猫づくし】
幕末関連の記事いまから150年以上前、江戸時代末期に活躍した歌川国芳という絵師がいました。国芳は類まれなるデザイン力とユニークな発想の持ち主で、美人画や妖怪画など幅広いジャンルの作品を数多く生み出しました。そんな彼が最も好きだったのが"猫"。猫が死んだ時は寺に葬り仏壇まで作ったそうです。そんな歌川国芳が描いた、ユーモアと愛に溢れた"猫浮世絵"の数々をご紹介します!
2015/11/08 14:29:00
【実話】荒木村重は謀反の後、意外な人生を送っていた【軍師官兵衛で人気】
戦国関連の記事織田VS毛利が本格化して、盛り上がりをみせるNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。なかでも、ひときわ注目を浴びているのが荒木村重。織田信長に反旗をひるがえしたのは有名だけど、その後の人生は意外なほど知られていません。今回は荒木村重の謀反の"その後"を紹介します。
2014/09/15 7:27:22
【写真あり】現代に通用する明治時代の美人をランキングしてみた!【22位~1位】
幕末関連の記事いまから約100年前の明治時代。調べてみると、現代にも通用する美人さんがやっぱりいた。幕末専門ブログですが今回は番外編。メジャーな人からマイナーな人まで写真つきでランキング化!
2014/04/26 19:58:00
【写真あり】現代にも通用する幕末イケメンをランキングしてみた【33位~1位】
幕末関連の記事いまから約150年前の幕末。土方歳三や龍馬らが生きていた時代にもやっぱりイケメンはいた。メジャーどころからマイナーな人物まで写真付きで完全ランキング化!
2014/02/24 2:46:00

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

  1. 吉原では、毎年植木屋さんが開花前の根付きの桜の木を運び込み、メインストリートに植えこみます。その後桜が散ってしまう頃には、植木職人がすべての桜の木を引っこ抜き元どおりにしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

トラックバックURL