江戸時代にも大食い大会があった! 当時の記録が命がけすぎる【画像あり】

  このエントリーをはてなブックマークに追加

まんじゅう、うなぎ、そばを食べまくる。酒や醤油を飲みまくる。200年前に実際にあった大食い大会の記録は、現代からみてもすさまじいものばかりです。

実録!超絶記録続出の大食い大会

泰平の時代を謳歌していた江戸時代。数々の大食い大会が開催され、そのすさまじい大会のようすや成績ランキングが出版されるとベストセラーになる、といったように大食い大会はブームといえるほど大人気でした。
で、数ある大会のなかでも特に有名なのが、1817年(文化14)の大食い&大酒飲み大会です。

会場は、江戸は両国柳橋の有名料亭「万八楼」(まんぱちろう)。

江戸時代の大食い大会の会場 料亭「万八楼」
浮世絵にも描かれた料亭「万八楼」。大食い大会の会場としてだけでなく、文化人たちが作品展示即売会(書画会)の会場としてもよく利用していました。(『江戸高名会亭尽』「柳ばし夜景」歌川広重

この時の壮絶な大食いバトルの様子は、『南総里見八犬伝』でベストセラー作家となった曲亭馬琴らが編さんした珍談・奇談集『兎園小説(とえんしょうせつ)』や、“メモ魔”の幕臣・宮崎成身(せいしん)の雑記『視聴草(みききぐさ)』など多くの文献に記録が残されています。
大会の出場者は胃袋自慢の200人ほど。
部門は、菓子の部、飯の部、蕎麦の部、うなぎの部、酒の部
出場者の身分は職人から農民、商人、武士とさまざまで、身分の上下関係なくただひたすら“胃ヂカラ”を競いました。

大食い大会の死闘を、江戸時代の絵師・榊原文翠(さかきばらぶんすい)が「大酒大喰会絵巻」という作品で伝えています。文翠の絵巻とともに部門別に振り返ってみましょう。


読むだけで虫歯になりそう!?甘さ地獄の「菓子の部」

エントリーした選手が自分の好きなものを好きなだけ食べ、その量を競ったようです。行き過ぎた甘党たちの記録を見てみましょう。

江戸時代の大食い大会の様子(菓子の部)
ものすごい大きな鉢に、まさに「山」のようなまんじゅうが! 中央の人、ちょっと頭イタくなっています。ギブアップ寸前か?

●丸屋勘右衛門さん(56歳/神田在住)の記録
まんじゅう×50個
ようかん×7棹
薄皮もち×30個
お茶×19杯

血糖値が振り切れそうです。お茶19杯も地味にすごい。

●伊予屋清兵衛さん(65歳/八丁堀在住)の記録
まんじゅう×30個
うぐいすもち×80個
松風せんべい×30枚
たくあん×5本(丸かじり)

ポリデントいらずの歯の丈夫さ! といいますか、高齢の方がたくあん5本も丸かじりは危険すぎます。

●佐野屋彦四郎さん(28歳/麹町在住)の記録
まんじゅう×50個
もち×100個

どんだけもちが好きなんだ、という話しです。

●足立屋新八さん(45歳/丸山片町在住)の記録
今坂もち×30個
せんべい×200枚
梅干×2升
お茶×17杯

せんべい200枚も食べたら口のなかズタズタになりそうですが大丈夫だったのでしょうか? いや、その前に梅干の量がおかしい。

●亀屋佐吉さん(43歳/麻布在住)の記録
あま酒×50杯
菜漬×3把

おなかタップンタップンです。

こうして見ますと、甘い→辛い(すっぱい)の甘辛スパイラルは古今を通じて大食い選手たちの鉄板テクニックのようですね。

勝敗のカギは好物のおかず!ごはんの量もおかずの内容も桁外れの「飯の部」

続いては「飯の部」のようすを見てみましょう。「飯の部」では白米ではなく、ごはんの上に味噌をのせお茶をかける「味噌茶漬け」を何杯食べられるかを競いました。

江戸時代の大食い大会の様子(飯の部)
「飯の部」のみなさん、一心不乱に飯を食べています。
そんななか、左の男性は試合を放棄したようです。もはや表情に生気が感じられません。そして、一番左の給仕係りの驚き顔。どっひゃー!と云ってますね。

●三右衛門さん(41歳/三河島在住)の記録
ごはん×68杯
しょうゆ×2合

しょうゆを……2合だと……? よい子は絶対にマネしないでください。

●和泉屋吉蔵さん(73歳/浅草在住)の記録
ごはん×54杯
青唐辛子×58本

おじいちゃん、よほど辛いものが好物だったのね。いやいやいや。


さすがの蕎麦も消化が追いつかない。セイロが山となる「そばの部」

勝負はシンプル! 二八そば(並盛り)をどれだけ食べられるか!!ファイト!

江戸時代の大食い大会の様子(そばの部)
すすってます。すすりまくってます。

江戸時代の大食い大会の様子(そばの部)2枚目
おじいちゃんも奮戦しています。

●山口屋吉兵衛さん(38歳/池之端仲町在住)の記録
そば×63杯

●桐屋惣左衛門さん(42歳/新吉原在住)の記録
そば×57杯

●鍵屋長介さん(49歳/浅草在住)の記録
そば×49杯

結果もシンプルですね~。ひたすらそば!それにしても、そばを用意する職人もたいへんだったでしょうね。早く次のそば持ってこーい!

白米が欲しくならないの!?顔中アブラまみれの「うなぎの部」


「うなぎの部」はちょっと特殊で、食べた量ではなく食べた金額で競ったようです。

江戸時代の大食い大会の様子(うなぎの部)
白米は見当たりません。蒲焼のみを食べ続ける! 中央の男性は必死に巨大蒲焼に食らいついています。右のおじいちゃんは、なんだか普通に楽しくお食事してますね。左の男性、「いや~まいったなー」という感じでしょうか。

●よし野や幾右衛門さん(53歳/本郷春木町在住)の記録
うなぎの蒲焼×1両2分

江戸時代後期、うなぎ店で提供された蒲焼が1皿200文として約150皿(!)。いやぁ、胸ヤケしないはずがないです。


酔い潰れたら負け!酒豪も倒れる「酒の部」


こちらの勝負も超シンプル。倒れるまで飲む!

江戸時代の大食い大会の様子(酒の部)
とっくりの大きさが尋常じゃありません。おじいちゃん、そんなに飲んで大丈夫ですか?
というか真ん中、寝てるし!ぐーぐー

●鯉屋利兵衛さん(30歳/芝口在住)
3升入りの盃×6杯半

7杯目チャレンジ中にぶっ倒れ意識不明となり、休憩室に運ばれるとしばらくして目を覚ましたそう。起き上がるや水を17杯も飲んだそうな。死ななくてよかったですね。

●天堀屋七右衛門さん(73歳/小石川春日町在住)
5升入りの盃×1杯半

おじいちゃん、大ハッスル!しかし、「所用があるので」と途中で帰っちゃったそうです。なんと、帰宅途中で眠っちゃったらしく、翌朝、湯島聖堂の土手でひっくり返って眠っているところを家族に発見されたとか。本当に死ななくてよかったですね(しみじみ)。

ほかにも、どこかの藩士が1升入り盃で4杯を飲み干したあと謡いをひとくさりうたってから「これにてごめん」と礼儀正しくあいさつして帰った、とか、呉服屋の主人が8升1合を飲んだあと「腹が減った」とごはん3杯を食べ、そのあと謡って踊ったとか、とにかく酒の部は命がけの反面とっても楽しそうです。

死者も出た!?大食い大会は命がけ

老いも若きも武士も庶民も熱狂した大食い大会ですが、無茶なチャレンジの果てに命を落とした人もいたとか……。1831年(天保2)に万八楼にて開かれた大食い大会でのこと。香具師(やし)の松井源水(まついげんすい)がこの大会に参加し、生豆5合と水1升という記録を残しました。しかし、源水は帰宅後に激しい苦痛に襲われ一昼夜悶絶、最期を覚悟した源水は最後の死力を振り絞り一子に奥義の秘曲を伝授すると死亡したそうです……うぅ。

江戸時代の大食い大会で死亡した香具師・松井源水(『近世職人絵尽』より、鍬形蕙斎 画)
松井源水は代々、浅草で曲独楽(きょくごま)を行いながら歯磨き粉などを売って人気を博した大道芸人・香具師の名門。何代目かに大食い大会にチャレンジした人物がいたのでしょう。(『近世職人絵尽』より/鍬形蕙斎)

ほかにも商家の手代がしょうゆを一気飲みして即死した、など死亡例があったとか、なかったとか。やっぱりよい子は絶対にマネしちゃだめですよ。

飲めよ飲めよの大騒ぎ。酒豪が集結! 江戸の酒合戦

大食い大会と同じく大酒飲み大会も大人気で、数々の大会が行われました。なかでも1815年(文化12)に日光街道の千住宿で行われた大会、いわゆる「千住酒合戦」はとても有名で、当代きっての文人・大田南畝(おおたなんぽ)が著した『後水鳥記』に観戦記録がくわしく書かれています。

江戸時代の大酒飲み大会(慶安代酒戦図(『近世奇跡考』の酒戦の図より)
千住酒合戦ではないですが、同じく大酒飲み大会のようすを描いたもの。(慶安代酒戦図(『近世奇跡考』の酒戦の図より))

これ、左手前を拡大してみると、






江戸時代の大酒飲み大会で、飲みすぎて吐く人たち
飲みすぎてリバースしまくっています
よくわからないのは、頬杖をつきながら人々がリバースする様子をあたたかく見守る奥のおじさん。


参加者は100人ほどで、3人の審判の前に選手がひとりずつ進み出て、好きなサイズの盃で好きなだけ飲む、という方法で競われたそうです。酒の肴として、カラスミや焼き鳥なども用意されたとか。うれしい心遣いですね。主な記録はといいますと

●左兵衛さん
7升5合
●松勘さん
すべての酒(え?)
●太助さん
1日中茶碗で酒を飲んだうえに3升盃も飲み干した

いやはや、人間わざとは思われません。
酒豪は男性ばかりではありません。女性陣の奮戦ぶりもすさまじいです。

●五郎左衛門さんの妻・みよさん
1升5合の盃を飲み干すも平気の平左
●菊屋おすみさん
2升5合の盃を飲み干す

異色の選手もいたようで、酒1升に加えてしょうゆ、水、酢(!?)それぞれ1升ずつ飲み干したという猛者も。酢はきつい……、いやいや、しょうゆもきつい……。

ちなみに、酒を飲みまくったのは選手だけではありません。お酌を務めた女性たちや板場の料理人、さらには駕籠かきや近所の人々にまで酒が大盤振る舞いされたといいますから、そりゃもう賑やかだったことでしょう。楽しそうですね~。

なんとも信じられないような記録のオンパレード。
当時「記録、盛ってねえか!?」という噂もあったとか。
とはいえ、それも含めてみんながエンターテインメントとして大食い・大酒飲み大会を楽しんだのは間違いない。泰平の世に生まれた食のエンタメ「大食い・大酒飲み」ブームは、ぜいたくを禁じる「天保の改革」(1830~43)により幕を下ろしました。そして、再び20世紀に大食いブームとして復活するのですからおもしろいものですね。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸のおもしろトリビアを配信中

江戸ブログ 最新記事

江戸時代の潮干狩りは男女の出会いの場! 高級食材が沢山獲れた昔の潮干狩りって?
春から初夏にかけてシーズンを迎える潮干狩り。お宝探しみたいで、大人も夢中になっちゃいます。春の大人気レジャーとして江戸時代の人々をワクワクさせた潮干狩りについてご紹介します。
2017-03-29 07:24:52
なせばなる! 復興に捧げた名君・上杉鷹山の生涯は波乱万丈だった
有名な「なせば成る」という格言。この生みの親こそ、史上屈指の名君といわれる上杉鷹山。今回は波乱と愛に満ちた鷹山公の改革の生涯をご紹介します。
2017-03-28 12:24:27
吉原に春だけ現われる桜の木 !? 江戸時代の花見は現代以上の大イベントだった!
江戸時代の人々は現代人以上にお花見を満喫していた!お花見スポット、花見弁当、桜餅、コスプレ、花見用の晴れ着などなど。今回は江戸のお花見事情を紹介します!
2017-03-26 14:49:05
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
東京都江東区にある深川江戸資料館。そこは、知る人ぞ知るこだわりすぎの資料館。江戸時代の下町を完全再現した深川江戸資料館のここが凄い!を紹介します
2017-03-25 19:14:28
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
あの暴れん坊将軍・吉宗が江戸時代のひな人形について意外な命令を出していた!?ひな祭りの由来や歴史を徹底紹介します!
2017-03-03 11:10:12
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
265年続いた戸時代。歴代将軍15人の興味ぶかいエピソード、略歴、性格、評価、死因などをまとめてみました。これを読めば将軍がもっと好きになること間違いなし!
2017-02-17 11:15:25
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
テレビもWEBもない江戸時代、商品をアピールする一番の広告媒体は看板でした。大消費地・江戸を中心に花開いたユニークな看板の世界をご紹介します。
2017-02-03 20:49:29
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声とともに豆をまく節分。江戸時代は、節分の時期や豆まきの仕方など現在と違うところもありました。2月3日の節分についてご紹介します。
2017-02-02 14:22:48
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
江戸時代に江戸中の男性を夢中にさせた女性がいました。その名は「お仙」。現代のトップアイドル顔負けの人気を誇ったお仙とはどんな女性だったのかご紹介します。
2017-01-22 13:30:47
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
北斎や歌麿など世界的絵師たちも手がけた春画。近年では展覧会も大盛況ですが、なかには時代を先取りする驚くような作品も。今回は淫靡なれど美しく、そしてちょっと笑えるカオスな春画を多数ご紹介します。
2017-01-20 12:05:32

日本の歴史をもっと身近に。

戦国ガイド
戦国時代の大名・武将の名言や画、子孫など
戦国記事のみ掲載している特集ブログ
【おすすめ】戦国時代の家紋を一挙紹介
江戸ガイド
江戸時代の将軍/大名/文化人の名言や画、子孫など
★いまココ★ 江戸時代をもっと楽しめる特集ブログ
幕末ガイド
日本最大級の幕末サイト!
幕末をもっと楽しめる特集ブログ
明治ガイド
明治時代のみを扱ったレアなサイト
【おすすめ】明治の著名人が残した名言
大正ガイド
どこか懐かしく新しい時代、大正を知ろう!
【おすすめ】芥川龍之介、竹久夢二、宮沢賢治など大正の偉人を一挙紹介
昭和ガイド
昭和の芸能人やスポーツ選手、芸術家の名言や子孫など
【おすすめ】昭和の有名人が残した心に残る名言。その数、1,000以上

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL