年齢で見る江戸時代の人物

81歳で亡くなった江戸時代の人物・偉人

現在5人が登録されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

該当する江戸時代の人物・偉人

亡くなった年齢でまとめることで意外な発見があります。

曲亭馬琴

曲亭馬琴

きょくていばきん

出身
武蔵藩
生年月日
1767年7月4日
没年月日
1848年12月1日
年齢
満81歳没

大長編スペクタクル『南総里見八犬伝』の作者として知られる江戸時代後期に活躍した読本作者。本名は瀧澤興邦。幼名は春蔵のち倉蔵、通称は左七郎、瑣吉。著作堂主人のほか、笠翁(りつおう)、篁民(こうみん)、蓑笠漁隠(さりつぎょいん)、飯台陳人(はんだいちんじん)など、多くの別号を持った。なお、「滝沢馬琴」の名でも知られるが本人がこの筆名を使用したことは確認されていない。江戸は深川の旗本用人の五男として誕生。幼い頃から文学に興味を持ち、長じてから俳諧のほか医術や儒学も学んだ。武家の渡り奉公を転転としながらしばらく放浪生活を送ったが、戯作者・山東京伝と親交を結びながら戯作者として出発、『椿説弓張月』... (続きをみる

No
Image

古川古松軒

ふるかわこしょうけん

出身
備中藩
生年月日
1726年0月0日
没年月日
1807年0月0日
年齢
満81歳没

江戸時代中期から後期の地理学者、紀行家。本姓は橘、名は正辰、字は子曜、通称は平治兵衛、別号に竹亭、黄薇主人。備中国下道郡新本村(現・岡山県総社市新本)にて生まれ、幼くして母と死別した。若い頃については不明だが、かなり荒れた生活をしていたといわれる。50歳を過ぎてから各地を巡り、「百聞は一見におよばず」をモットーに旅先で自ら実見・体感したことを重視し実証的な見地から数々の紀行文を著した。随所に細かく描き込まれた地図やスケッチが掲載された古松軒の紀行文は、それまでの文学的紀行文と一線を画すもので、実証的地理学の本となっているのが特徴。特に、山陽路から九州を周回した『西遊雑記』と、奥羽から蝦夷... (続きをみる

No
Image

松浦静山

まつらせいざん

出身
肥前藩
生年月日
1760年3月7日
没年月日
1841年8月15日
年齢
満81歳没

江戸時代中期から後期の大名、肥前国平戸藩の9代藩主。幼名は英三郎、名は清。一般に号の「静山」の呼び名で知られる。隠居後に20年かけて綴り続けた随筆集『甲子夜話(かっしやわ)』の著者として名高い。松浦氏は嵯峨源氏の末流にして鎌倉時代から平戸に土着していた半海賊集団「松浦党」の末裔で、静山も松浦党の誇りを持ち文武両道に優れた若者だったという。16歳の時に平戸藩9代藩主となると、財政が逼迫していた平戸藩の藩政改革に着手、経費削減や行政組織改革、有能な人材の登用、藩校「維新館」を設立しての人材育成などを実行し藩政の改革に大いに実をあげた。幕政への参画の野望を持ったが果たせず、47歳で隠居、江戸は... (続きをみる

No
Image

野呂介石

のろかいせき

出身
紀伊藩
生年月日
1747年3月1日
没年月日
1828年4月27日
年齢
満81歳没

江戸時代後期の文人画家。祇園南海、桑山玉洲とともに「紀州三大南画家」といわれる。名は休逸のち隆または隆年、字は松齢、通称は弥助のち九一郎、喜左衛門。号はほかに班石、十友窩(じゅうゆうか)、澄湖(ちょうこ)、混斎、台嶽樵者(だいがくしょうしゃ)、第五隆、晩年になって矮梅居(わいばいきょ)、四碧斎、四碧道人、悠然野逸(ゆうぜんやいつ)。和歌山城下の湊紺屋町で町医を営む野呂高紹の子として生まれ、10歳の頃から儒学を学んだ。14歳で京に上ると黄檗宗の僧・鶴亭から長崎派の画法を、その後、池大雅に南画の画法を学んだ。毎日、山水画十景を描くことを日課とし、大坂の木村蒹葭堂や紀州の桑山玉洲らと交流を持ち... (続きをみる

No
Image

伊藤伊兵衛(3代目)

いとういへえ(さんだいめ)

出身
武蔵藩
生年月日
1676年0月0日
没年月日
1757年0月0日
年齢
満81歳没

江戸時代中期の園芸家。名は政武(まさたけ)。伊藤家は伊勢国津藩の藤堂家出入りの農民で代々植木の世話をし、「伊藤伊兵衛」を名乗った。政武の父・三之丞が染井(現・東京都豊島区)で植木屋を営むようになり、霧島ツツジを江戸に持ち込み広めたことで「伊藤伊兵衛」の名は知られるようになり、屋号を「江戸染井・きり島屋伊兵衛」とした。政武は父が著した日本初の園芸百科『花壇地錦抄』をさらに増補し『増補地錦抄』を著したほか、楓の新種開発、普及に特に力を注いだ。その名は時の将軍・徳川吉宗も知るほどとなり、「きり島屋伊兵衛」に自ら足を運びツツジや藤などを買い求めたという。また、舶来の楓について聞くため政武を城に呼... (続きをみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸ガイドとは

江戸をもっと身近に感じられるように。画像とか名言、子孫をいろいろ紹介。
管理人:マツイイチロウ
30代。IT企業勤務。歴史全般好きです。お問い合わせはこちら
江戸ガイドTwitterをフォローする

江戸をもっと深く知る

人物の子孫
現代に続いているあの人物達の血縁
話題・タグ
話題ごとに江戸の人物や名言をまとめて見る
出身国
出身別にみるとわかる江戸の有名人達の共通点
今日は何の日?
生まれた・亡くなった人物/偉人を日付別にみる
亡くなった年齢
亡くなった年齢ごとに人物/偉人を見る
エピソード
教科書には載ってなかった偉人の意外な一面
博物館・史跡・銅像
有名な事件・出来事が起こった場所
大河ドラマ・映画・ドラマ
江戸をテーマにした映像作品
江戸作品 出演俳優
イメージ通りの人物を演じた俳優たち
アニメ・ゲーム
アニメ・ゲームで見つかる江戸の新たな魅力
江戸作品 出演声優
人物の新たな魅力を演じる声優たち

江戸ガイドブログ最新記事

3月25日
【長屋に住むのは36歳未亡人】江戸下町を再現した深川江戸資料館のこだわりが半端ない
3月3日
もとは女子の祭りじゃない!? ひな祭りの由来が意外と知らないことだらけ
2月17日
徳川歴代将軍を全員紹介!教科書に載ってないエピソードこそ面白かった【覚え方も】
2月3日
【画像あり】まるでクイズ! 江戸時代の看板は駄洒落系からユニーク系までバラエティ豊か
2月2日
江戸時代の節分は12月!今とは違う驚きの豆まき風習とは
1月22日
【250年前のアイドル】笠森お仙が人気絶頂のなか突然消えた理由とは?
1月20日
アイデア豊富! 有名絵師たちの春画が時代を先取りしすぎている【64作品】
1月17日
目指せ大奥、玉の輿! 江戸時代の女の子の忙しすぎる1日とは?【早朝から寺子屋】
1月15日
一人鍋が定番! 江戸時代の冬の食事は現代とちょっと違っていた フグは庶民向け
1月14日
ミニ氷河期だった江戸時代 庶民はどんな服装で冬の寒さをしのいだのか?
12月30日
【食べないおせち料理】江戸時代の正月の常識が現代とだいぶ違う【お年玉はお餅】
12月23日
これが江戸時代!? ゆるカワすぎる仙厓(せんがい)和尚の作品に思わずニンマリする
12月16日
忍者が鈴虫の養殖!? 意外に貧乏だった武士たちの驚きの内職とは?
12月15日
【DSもスマホもないけど】江戸時代の子どもの遊びがバラエティ豊かで楽しくなる
12月14日
【写真あり】江戸時代の刺青を徹底紹介!罪人に彫られた入墨刑が恥ずかし過ぎる
江戸時代のトリビアを紹介!江戸ガイドブログ版